第51号 週刊ロビの組立作業が完了 【画像】【動画】 - 週刊Robi組立日記

ミニロビフロントイメージ.jpg

第51号 週刊ロビの組立作業が完了 【画像】【動画】

第51号の作業内容を更新します。

週刊ロビ51号01.png
☆週刊ロビ51号の詳細はこちら公式サイトで

この号では、ガッツリと作業をしました。
その内容は「腕と脚の動作テストをし、
マイコンボードをボディに取り付ける」です。

<スポンサードリンク>






具体的な作業内容:
マイコンボードのカードスロットにテスト用microSDカードを挿入し、
腕と脚を1つずつ接続しながら動作テストを行い、右腕が付いているボディに
マイコンボードを装着する。


51号の梱包内容はこのとおり。

週刊ロビ51号02.png

「読者の皆さまへ」という挨拶状と
「腕と脚のパーツ交換ガイド」

週刊ロビ51号05.png

Robiの腕と脚の交換パーツ一式。

週刊ロビ51号03.png

具体的にはこの部分↓

週刊ロビ51号07.png


それと、51号のパーツはこちら。

週刊ロビ51号04.png

・テスト用microSDカードx1

そして、
保管していたパーツを用意する。

週刊ロビ51号08.png

・14号で組み立てた右腕
・22号で組み立てた左腕
・44号で組み立てた右脚
・45号で組み立てた左脚
・50号で組み立てたマイコンボード
・50号で組み立てたヒップカバー
・50号で充電したバッテリー


この号の作業に関しては、デアゴスティーニがサポート動画を用意してます。
組み立てのポイントを動画で確認しましょう。



自信のない方や不安な作業箇所はこの動画をぜひ確認しておきましょう。
そうすればスムーズに出来るはずです。


それでは、Robiの組み立て作業開始。

まず最初は、【microSDカードをマイコンボードにセットする】です。

週刊ロビ51号09.png

テスト用microSDカードとマイコンボードをこのように用意。

週刊ロビ51号10.png

マイコンボードのカードスロットに、microSDカードを挿入します。

週刊ロビ51号11.png

矢印の向きに注意しましょう。

週刊ロビ51号12.png

最後まで差し込むとこのような感じ。


次に、【左脚の動作テストをする】です。

左脚とヒップカバーを用意し、
左右を間違えないようにするためRobiを後ろから見た状態にします。

週刊ロビ51号13.png

ヒップカバーの内側に、Dカットの穴が2つ並んでいることを確認。

週刊ロビ51号14.png

ヒップカバーの左側の穴に左脚の一番上のサーボ(左股関節:横回転)のシャフトに差し込みます。

週刊ロビ51号15.png

前向きから見た感じ。
この向きにして作業します。

週刊ロビ51号16.png

左脚の一番上のサーボから出ているケーブルを、マイコンボードのサーボコネクターに接続。

週刊ロビ51号17.png

上の写真の場合、下から2番目のコネクター。

そして、バッテリーを用意。

週刊ロビ51号18.png

下の写真のような向きでプレートの長方形の枠内に入れます。

週刊ロビ51号19.png

バッテリーが落ちないように気をつけながら、ケーブルをバッテリーコネクターに接続。
ちょっとキツキツです。

バッテリーが接続されるといきなり動き出します。

その動き方が正常なのかを動画でチェックしましょう。



正常に動作することを確認したらバッテリーのケーブルを
コネクターのツメを押しながら引き抜きます。
続いてサーボケーブルをゆっくり真上に引き抜きます。

週刊ロビ51号20.png

最後にヒップカバーを外して完了。


同様に、【右脚の動作テストをする】です。

右脚を用意。

週刊ロビ51号21.png

左脚の動作テストの時に使用したヒップカバーを右脚の一番上のサーボシャフトに差し込みます。

週刊ロビ51号22.png

Dカットの穴を確認して差し込み終えると、脚を手前に向けます。

週刊ロビ51号24.png

右脚の一番上のサーボから出ているケーブルを、マイコンボードの一番下のサーボコネクターに接続。

週刊ロビ51号25.png

そして、プレートに乗せたバッテリーを接続。

週刊ロビ51号26.png

・・・・動きません。(冷や汗)

マガジンのP.8以降がトラブルシューティングを載せてます。

ここを見ながら原因の調査。

右脚を分解することになりました。

足の裏にある足パネルの3本のネジを抜き、足カバーを外します。

週刊ロビ51号27.png

すべてのパーツをばらします。

週刊ロビ51号28.png

サーボモーターのIDがちゃんと正常に登録されているか、
コネクターは外れていないかを確認しながら作業を進めます。

そして、再び動作のテスト。

週刊ロビ51号29.png

バッテリーを接続すると、
動きましたが何だか変。
サポート動画を確認して、異常な動きであるこをが分かったので
再度バラして総点検をしました。

ここでのトラブルシューティングについては
デアゴスティーニのホームページにも情報が載ってます。
また動画も用意してありますので確認しましょう。

>>★トラブルシューティング 組立サポート動画・情報[公式サイト]

動画はそれぞれの箇所ごとに説明してあるので助かります。


次の作業は、【左腕の動作テストをする】です。

左腕を用意し、サーボから出ているケーブルを接続します。

週刊ロビ51号31.png

上の写真の場合、マイコンボードの上から2番めのサーボコネクターに接続します。

週刊ロビ51号32.png

バッテリーを接続して問題がなければ完了です。


次は、【右ボディにマイコンボードを取り付ける】です。

右腕とマイコンボードを用意。

週刊ロビ51号33.png

マイコンボードの真ん中にある2本のネジを抜きます。

週刊ロビ51号34.png

右腕のボディの内側にある2つのネジ穴の上にマイコンボードのネジ穴を合わせます。

週刊ロビ51号35.png

ボードの両端を持って、2本のネジで固定します。

週刊ロビ51号36.png

これで完了。


最後の作業、【右腕の動作テストをする】です。

サーボから出ているケーブルを、マイコンボードに接続します。

週刊ロビ51号37.png

接続するのは真ん中のサーボコネクターです。

しかし、届きません。

そこで右腕のサーボを取り外しました。

週刊ロビ51号38.png

そして、コネクターに接続してるサーボケーブルをそれぞれ外し
入れ替えて接続し直しました。

週刊ロビ51号39.png

これでなんとか届きます。
無事にマイコンボードにサーボコネクターを接続することが出来ました。

次にバッテリーを接続してみます。

週刊ロビ51号40.png

無事に動いてくれました。

週刊ロビ51号41.png

これで51号すべての動作テスト作業が終了しました。

週刊ロビ51号42.png

☆週刊ロビ51号の詳細はこちら公式サイトで

★トラブルシューティング 組立サポート動画・情報[公式サイト]

おまけ:
[サーボケーブルの脱着方法]




組立日記カテゴリの最新記事
2014-03-20 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村
この記事へのトラックバック
Copyright © 週刊Robi組立日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。